不完全な生きモノこそ美しい!『ダーリン・イン・ザ・フランキス』【第1話・独りとヒトリ】

「比翼の鳥」というらしい

その鳥は片方の翼しか持たず

オスとメス つがいで寄りそわなければ空を飛べない

不完全な生きモノ

でも なぜだろう

私はそんな命の在り方を

美しいと思って思ってしまったのだ

美しいと感じでしまったのだ

冒頭、ゼロツーのセリフ

冒頭、いきなりこのセリフで幕を開けるアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』。製作開始から3年、ようやく放送開始となった。監督は『アイドルマスター』、『天元突破グレンラガン』の錦織敦史。キャラクターデザイン・総作画監督に『君の名は。』(2016年)でおなじみの田中将賀。今作に登場するゴローとフトシは『君の名は。』の藤井司と高木真太にそっくりである。メカニックデザインには『天元突破グレンラガン』、『エヴァンゲリヲン新劇場版』や『ベイマックス』のコンセプトデザインを手がけたコヤマシゲト。コミカライズもしており、『BLACK CAT』、『To LOVEる -とらぶる-』の作者である矢吹健太朗が描いている。

 

第1話/独りとヒトリ 感想

アニメを見た感想というより疑問点を自分なりに解決していこうと思う。もちろん種明かししてない部分が多いけどアニメと漫画版から読みとれる内容をまとめてみた。ネタバレ満載です。

 

「世界観」とは?

アニメではどういう世界なのか詳しく説明していないが、漫画版では冒頭にこう説明している。

人類が成功した超深度掘削により発掘された「マグマ燃料」。並外れたエネルギー効率と引き換えの地殻変動・環境破壊により地表は荒廃。やがて人類は緑が失われた大地に「巨大移動要塞都市」(プランテーション)を建設し文明を謳歌していた

引用元:漫画版『ダーリン・イン・ザ・フランキス』

文明、科学技術を大幅に進歩させるために地殻変動、環境破壊の道を選んだ人類。 そこに突如として謎の巨大生命体・叫竜(きょりゅう)が現れ人類を襲い始める。人類は天才科学集団「APE」を発足し「叫竜」に対抗すべく人型ロボット兵器「FRANXX」(フランクス)を開発し叫竜と戦うことになる。

緑が失われたとなっているが実際に操縦者施設には木や植物など緑=自然が存在する。おそらく人工植物であろう。

 

ゼロツーって何者?

パートナー殺しの異名をもつ少女。一緒に乗った操縦者は血を吸われて3回目で必ず命を落とすという噂がある。冒頭、2本の角を生やした肌の色が赤い人間のような生命体。おそらくゼロツー(戸松遥)だ。ゼロツーについてナナが以下のように説明している。

APE直属特殊親衛部隊 雌式操縦者(パラサイト)コード002 叫竜の血をひく少女よ。?

ナナのセリフ

パラサイトとはFRANXXの操縦者のこと。雌式ってことは雄式があるのかな。第一話のタイトルである「独りとヒトリ」。「独り」は人間であるヒロ(上村祐翔)、「ヒトリ」は 叫竜の血をひくゼロツーのことを表すのだろう。人間と叫竜の子供?

 

なぜ、番号で呼び合う?

物心ついた時から僕達「コドモ」には番号がつけられ男女一組で動かすことができる「FRANXX」と呼ばれる平気に乗って戦うことが唯一の使命だと教えられた。

入隊式にて、ヒロのセリフ

今現在で分かる番号一覧。番号順で並べてみた。

CODE:002:ゼロツー

CODE:015:イチゴ

CODE:016:ヒロ

CODE:056:ゴロー

CODE:196:イクノ

CODE:214:フトシ

CODE:326:ミツル

CODE:390:ミク

CODE:556:ココロ

CODE:666:ゾロメ

CODE:703:ナオミ

番号の順番によって何か意味があるのかと思ったけど、名前とリンクしているだけか。何かしら意味があると思ったけど、まさか名前のまんまとは。イクミだったらCODE:193?w

ここでいう「コドモ」というのは体が子供ではなく、何か秘めた力を持った人間のことを言うのかな。皆が言うパパとか親は血のつながった両親のことを言うのだろうか。

 

FRANXX(フランクス)とは?

男女一組で動かすことができる兵器。比翼の鳥とはFRANXXのことを暗喩していたのだろう。動力源は2人がシンクロすると動かせる設定?ヒロはナオミとは動かせなかったが、ゼロツーとは動かすことができた。気持ちや考え方の不一致では動かせないとかそういう設定かな。ヒロとゼロツーは同じようなこと考えてたし(比翼の鳥について)。目がついてたの気になるなー。

 

監督が語るコンセプトとは

「ダーリン・イン・ザ・フランキス 」放送直前特番で監督自らが以下のように述べている。

SFのガチガチなハードなロボットものという感じよりは、もう少し何か世界系に振ったというか、割と子供たちのドラマに寄り添いつつもロボットがきっちりアクションなり、なんなりで機能するものを目指したいなっていう世界観を最初に目標としてたててやり始めましたね。

TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」放送直前特番より

第一話を観た感じだとゴリゴリのSFの世界でなく、人間ドラマに寄り添っているように見えた。ロボットではなく人間に寄り添っていた。?

 

漫画版とアニメ版の違いは?

アニメ版第一話は漫画版の二話分に値するつくりになっている。物語は基本的に同じだが随所違う場面が存在する。例えば、アニメ版だとこの世界は人類が成功した超深度掘削により発掘され…みたいな導入部分がなかったり、漫画版に比べてヒロとイチゴの絡みが少なかったり(漫画版だと入隊式の説明会に来ないヒロにイチゴが話しかけるシーンがある)。漫画版はヒロとイチゴに焦点を当ててるのかな。

 

率直な感想!

『君の名は。』全開で繰り広げる第一話。語りの部分とか主人公が悲観的な考えすぎたり観てて気持ち悪いところもあるが、物語が進むに連れて解消してくれるだろう。ヒロはなぜ神童と呼ばれていたのか?叫竜の血をひくゼロツーって何者?など疑問点、気になる点が多く第二話が待ち遠しい。引き込まれた。

www.youtube.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です