Netflix『悪魔はいつもそこに』の楽曲・挿入歌を集めてみた。

Netflix『悪魔はいつもそこに』で使用された楽曲・挿入歌を集めてみました。シーン別に紹介しているのでネタバレ注意です。

 

パイド・パイパーズ/Dream

ウィラード(ビル・スカルスガルド )がカフェを訪れるシーンで流れる。

 

ジミー・デイヴィス/There’s A New Moon Over My Shoulder

ウィラードが父親の運転する車に乗っているシーンで流れる。

 

ウィリー・ネルソン/Uncloudy Day

教会で歌っているシーンで流れる。

 

Pokey Lafarge & Harry Melling/Washed In The Blood

ロイ(ハリー・メリング)とセオドア(ポーキー・ラファージ)が歌っているシーンで流れる。

 

ケイ・スター/Wheel Of Fortune

教会でロイとヘレン(ミア・ワシコウスカ)が出会うシーンで流れる。

 

スタンレー・ブラザーズ/Little Bessie (Live)

ウィラードが木の板で十字架を作るシーンで流れる。

 

キティ・カレン/Little Things Mean a Lot

幼いアーヴィンがウィラードの自殺を目撃するシーンで流れる。

 

Memphis Jug Band/Stealin’, Stealin’ (Remastered 2002)

セオドアが歌っているシーンで流れる。

 

ラルフ・スタンレー/Old Ship of Zion

ロイが妻を殺した後、車を運転しているシーンで流れる。

 

The Delmore Brothers/Hillbilly Boogie

サンディが運転する車の後部座席にロイが座っているシーンで流れる。

 

The Browns/The Three Bells (Les trois cloches)

牧師のところに料理を持っていくため支度をしているシーンで流れる。

 

Jimmie Rodgers/Honeycomb

アーヴィンがレノラを迎えに行くシーンで流れる。

 

ソニー・ジェイムス/ヤング・ラヴ

アーヴィンがレノラをいじめている人たちを待ち伏せするシーンで流れる。

 

ビル・フィリップス/Put It Off Until Tomorrow (Rerecorded)

サンディがカールの元を離れようとするシーンで流れる。

 

スキーター・デイヴィス/He Says The Same Things T Me

ボーデッカー保安官がバーへ向かうシーンで流れる。

 

Jim Reeves/Welcome to My World

ボーデッカー保安官が用心棒に殴られているシーンで流れる。

 

ファーリン・ハスキー/Wings of a Dove

サンディとカールが車を走らせているシーンで流れる。

 

ジャッキー・デシャノン/Needles and Pins

ボーデッカー保安官がボーボーを撃ち殺すシーンで流れる。

 

Billy Walker/Funny How Time Slips Away (Single Version)

サンディが運転する車の後部座席にアーヴィンが座っているシーンで流れる。

 

Wynn Stewart/Wishful Thinking

アーヴィンが幼い頃に住んでいたところへ行くシーンで流れる。

 

Pokey Lafarge/Banks Of The Ohio

エンドクレジットで流れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です