ストレンジャー・シングス(シーズン3)第2章「モール・ラッツ」の挿入歌を集めてみた。

ストレンジャー・シングス(シーズン3)第2章「モール・ラッツ」の挿入歌を集めてみた。シーン別に紹介しているのでネタバレ注意です。

 

ジム・クロース/You Don’t Mess Around With Jim

上機嫌なホッパーが車を運転しているシーンで流れる。

 

GO-GO’S/Get Up and Go

ナンシーとジョナサンが仕事を抜け出すシーンで流れる。

 

Paddy Kingsland/Shiver Me Timbers

ダスティンとスティーブが再会するシーンで流れる。

 

Gerald Crossman/All Hands Forward

ロビンとダスティンが出会うシーンで流れる。

 

Black Market Baby/Gunpoint Affection

マックスがスケボーに乗っているシーンで流れる。

 

Altitude Music/Matter of Love

プールのシーンで流れる。

 

Wurlitzer 146 Carousel Organ/Daisy Bell

スティーブとダスティンが録音したテープを聞くシーンで流れる。

 

John Leighton/Ballroom Foxtrot

ナンシーとジョナサンがドリスコルの自宅を訪れるシーンで流れる。

 

APM MUSIC/America the Beautiful

ホッパーと市長が話しているシーンで流れる。

 

Andrea Litkei & Ervin Litkei/Too Late for Tears

ジョイスが電磁理論についての本を読んでいるシーンで流れる。

 

“Weird Al” Yankovic/My Bologna

ジョイスがクラーク先生の自宅を訪れるシーンで流れる。

 

マドンナ/Material Girl

子供たちがスターコート・モールで買い物をしているシーンで流れる。

 

フォリナー/Cold As Ice

エルがマイクに恋人として別れを告げるシーンで流れる。

 

Orchestra of the Bolshoi Theatre & Boris Khaykin/String Quintet in E Major, G. 275: III. Minuetto

レストランでホッパーがジョイスを待っているシーンで流れる。

 

G. Verdi/ヴェルディ:歌劇「椿姫」(抜粋) – Act I: Brindisi: Libiamo ne’lieti calici, “Drinking Song” (Alfredo, Chorus, Violetta)

レストランでホッパーがジョイスを待っているシーンで流れる。

 

Kyle Dixon & Michael Stein/Mirkwood

エンドクレジットで流れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です